「 (1)お客様・上司に提言 → (2)残念ながら軽く流される → (3)後々問題に。。 」

最近、こんなケースが多々ある。
とても悔しい。。

問題は(2)
ここでの伝える力がとても弱いこと。

なので、少し自分で考えてみた。

<相手を動かすポイント>
・そもそも、きちんと伝えること
・相手の動機を知ること
・相手の立場を理解すること

<チェックポイント>
・相手が意思決定のための情報を十分に提供出来ているか
・隠れた要望はないか

と、一方、ある本によると…

<ひとが行動する理由>
・ほめられて気持ちいいから
・面白いから
・好きだから

<ひとが行動しない理由(一般論)>
・自分の仕事ではないから
・腹が立つから
・面倒だから
・何のメリットもないから
・疲れたから

<ひとが行動しない理由(具体性)>
・自分の仕事だと思っていない (=ミッション意識の欠如)
・自分の仕事だと思っているが、動機が弱い (=作業に対する責任感の低さ)
・作業のやり方がわからない (=作業に対する理解の不足)
・インセンティブがない (=報酬がないのでやる気がしない)